ウィーンでバドミントンをするには

日本と同様にウィーンにもバドミントンサークルや公式チームがあります。初心者から中級者、上級者まで様々な場所で、長期滞在者はもちろんのこと短期滞在者や旅行者もバドミントンを楽しんでます。

■ このページの内容
1.ウィーンのバドミントン環境
2.ウィーンでバドミントンをするには
3.様々なバドミントンサークル
4.曜日別にまとめたウィーンのバドミントンサークル紹介
5.ウィーンのクラブチーム、公式&ホビープレーヤーの試合
6.バドミントンリンク
7.その他のウィーン情報サイト

1.ウィーンのバドミントン環境

オーストリアの首都ウィーンにはバドミントン専用コートを持つスポーツセンターが点々とあます。これらのスポーツセンターは電話(独語)で予約を受け付けており、平日でも夕方以降は多くの人々が気軽にバドミントンを楽しんでます。スポーツセンターのバドミントンコート料金は、1時間10から18ユーロ程度ですが、下記紹介のサークルでは、定期契約でコートを安く借りたり、シャトルを安価に入手することにより、参加費を抑える努力がされてます。

その他、ウィーンにも日本同様公的機関管理の多目的体育館が多くあります。熱心なバドミントンファンは、このような体育館使用のクラブチーム↓に所属し、安価にバドミントンを楽しんでます。

2.ウィーンでバドミントンをするには

旅行や短期滞在でウィーンを訪れる場合は、クラブチーム登録が1年契約のため、巷のサークルの練習にゲストで参加するか、ホビープレーヤーの試合に出場するかのどちらかになるでしょう。事前にネットで情報収集しておき、海外赴任や留学など長期滞在のときは、渡航荷物にバドミントンラケットとシューズ、ウェアを加えましょう。

3.様々なバドミントンサークル

ウィーンBadmintonアジア交流会

ビジターの参加費は、いずれのサークルもシャトル代込みで2から3時間で10から20ユーロ程度でしょう。

中国人中心のバドミントンサークル

人数が多く、サークルの雰囲気も良いのがBadmintonニュークラブです。元々は無関係だった金曜と日曜の別々のバドミントンの集まりが、交流を経て一つの新しいサークルにまとまったことから「ニュークラブ」と名付けられたそうです。中国系オーストリア人を中心にマレーシア、シンガポール、ベトナム、韓国、日本人、オーストリア人など多様なメンバーを抱えてます。

Badmintonニュークラブの活動は金曜夜と日曜午後です。毎年度の管理費を支払っている会員が50名以上です。時々ビジターも参加してコート3から4面程度で打ってます。参加者が安心して楽しむことができるように予約コート数により参加人数を制限しており、そのため参加費も驚くほど安いです。エントリーを早い順に受付ることから事前予約が必要ですから、早い目にこのページ最下部から連絡ください。

このサークルのホームコートは地下なので、外気の寒暖の影響なく、1年を通じて快適にプレーできます。使用シャトルは日本のものに近いです公式試合で使われているシャトルです。初めて行くときは会場の C&C Club Wienerbergがウィーン市心から西南西5キロ程度と見つかりにくく、タクシードライバーもゴルフ場の受付程度としか知らないことが多いので、事前にこのページ最下部から連絡を取ることをお薦めします。金曜日は練習後に大きな円卓を囲んで中華料理を食べに行くので交流も楽しいでしょう。
[City & Country Club](https://www.cityandcountry.at/) 住所:city & country Club, Gutheil-Schoder-Gasse 7, 1100 Wien, Tel. +43 (0)1 - 66123。公共移動機関はオペラ座筋向かいからバーデン鉄道で「Gutheil-Schoder-Gasse」下車、徒歩6-7分程度。テント型の茶色屋根が目立つ武道センターの100m北に位置。すぐ東隣はボォサイホテル/Hotel Bosei (http://www.austria-trend.at/Hotel-Bosei/en/)。

台湾人中心のバドミントンサークル

その他、ウィーンである程度のレベルのバドミントンを楽しむなら、土曜日の中国人サークルでしょう。過去にここで打っていた子供達がオーストリア代表選手へと育ちました。年に500ユーロ程度(6-7万円程度)のシャトルコックの購入費用を数回に分けて集め、あとは月極の参加費です。注意が必要なのは、参加してもしなくてもお金がかかることです。このサークルには現在(2007年2月2019年6月)ホームページが無いので、直接行って参加することになります。土曜15時か16時頃に地下鉄U3号線「Erdberg」駅の脇のクラブダニューブ Erdberg 地下鉄U6号線「Alt Erlaa」駅の脇のクラブダニューブAlt Erlaa(取消線Apr.2019) 地下鉄U1号線KAGRAN駅のスポーツセンター、クラブダニューブDonauzentrum(取消線Feb.2008)に行けば台湾系中国人が中心に打ってます。時には日本人や日系オーストリア人が参加しているときもあります。なお、このサークルでは、参加者数の割にコート数が少ないことから、積極的に声をかけて参加しないと観戦となるので、様子を見て上手にコートに入り込む必要があります。

日本人バドミントンサークル

ウィーンの日本人BadmintonサークルVHT

旅行者や短期滞在者が気楽に参加できるのは土曜夜の日本人サークルです。日本語案内ページの掲示板から参加を申し込むことができます。

このサークルは日本語のサークルですから気楽です。初心者が中心で、基礎打ち後に組み合わせと対戦相手をじゃんけんで決めてのダブルス試合形式です。ホームコートが地下鉄の駅ビル内のスポーツクラブなので交通の便が良いです。学生さんや音楽家、国際機関、研究者など様々な分野の日本人が参加してます。

バドミントンコースとウィーンのバドミントンショップ

その他、デンマークで活躍していたオーストリアチャンピオンのコッホ選手(世界82位2006)のバドミントン教室は、ドナウ川を渡ったウィーン北東部のMaXXスポーツセンターで不定期におこなわれており、そのときにヨネックスやバボラなどのラケットやシューズなどを試し、スポーツコッホ店からの安価な購入も可能です。なおこの店は、メールや電話などで注文すれば品物と銀行(郵便局)振り込み用紙を送ってくれます。シャトルもここから安価に買えます

4.曜日別にまとめたバドミントンサークル紹介

リンクをクリックすると、それぞれのサイトが見られます。日本語は「VHTバドミントンクラブ」だけです。

5.クラブチーム、公式試合参加

長期滞在の場合はウィーン州バドミントン協会のページからクラブチームを探し登録が可能です。

クラブチームに登録し、オーストリアBadminton協会に年単位の登録をすれば、公式試合に参加でき、ランキングも公開されます。過去には日本人など外国人も含め、誰もがオーストリア代表として国際試合に参加し、国際ランキングを上げることが可能でしたが、現在はある程度のレベルが必要になってます。オーストリアの広さは北海道程度ですから、県大会で活躍したような方は是非どうぞ。

ホビープレーヤーの試合

その他ウィーンではバボラカップや、VICTORセンターカップなどのホビープレーヤー選手権が盛況で、団体戦や個人戦の試合がレベルごとに開催されてます。ダブルスのパートナーが居ない場合は事前に主催者に相談(英/独語)しても良いでしょう。その他、初春から初夏に開催されるオーストリアと近隣諸国でのバドミントン国際ツアーもあります。

6.バドミントンリンク

ウィーンとBadmintonに関連するリンク集です。

バドミントン協会

[世界バドミントン連盟] [ヨーロッパバドミントン協会] [オーストリアバドミントン協会] [ウィーンバドミントン協会] [ハンガリーバドミントン協会] [BadmintonオーストリアンOEPN] [BadmintonハンガリアンOEPN] [日本バドミントン協会]

ウィーンの公式チーム

[オーストリア国内クラブチーム団体戦スコア] [BPV(badminton Point Vie.)] [Sportunion Doebling] [SportUnion Donaufeld] [BC Donaustadt] [Union VRC Badminton] [UNION ROT-WEISS Badminton] [WAT Simmering] [WBH-Wien] [WAT Badminton Hernals] [Badminton MOeDLING] [RBC Sportivo] [Union Aktiv-Brigittenau] [WAT Liesing] [BadmintonClub Voesendorf]

ウィーンのホビープレーヤー選手権

[バボラカップ]

ウィーンでバドミントンの買い物

[専門店:スポーツ・コッホ] [ヨネックス・ウィーン(2015年末閉店)] [ビクター・オーストリア] [badminton-power.com] [sport.shop.ebay.at(⇒ Badminton)] [インターネットオークション(独語)] [価格比較サイト(geizhals.at)] [ヨネックス・ブダペスト]

その他

[健身の羽球コラム] [アキレス腱断裂/ウィーン日記] [バドミントン総合情報サイト] [天理大学体育学部 中谷研究室のブログ(運動の科学)] スポーツ医学(運動の科学)] [Badminton Composite(バドミントン技術)] [Badmintonkurs(独)] [SportsClick:バドミントン] [Badminton Techniken] [A Study of Badminton(バドミントンについて考える)] [ ラケット・ストリングス・シャトルのFAQ] [バドミントン用具の選び方] [ラケット通販フジスポ] [大阪の通販sunfast] [ 日本ブログ村・バドミントン]

事故無く、楽しくプレイ

[ギックリ腰にご注意] [Googleで「捻挫」検索] [スポーツ医学関連 LINK集] [肉離れテーピングの巻き方と治療法] [Cool Down(スポーツ後のエコノミー症候群防止)]

バドミントン動画

[平松孝浩選手 in Wien(2008/03/29)] [Badmintonworld.tv] [Badminton Link] [Badminton Europe] [バドミントンマガジン] [井川里美選手の講習動画] [NHKスポーツ教室バドミントン] [バドミントンアカデミー] [betterbadminton] [olympics]

7.その他のウィーン情報サイト

[ウィーン観光情報]
有名なウィーン定番サイト。膨大な量の観光と滞在情報が網羅されてます。ウィーン関係の掲示板●ウィーンの森の散歩道●もよく知られており盛況。
[ウィーン観光]
ウィーン国際空港から宿への日本人斡旋員手配や美術史美術館、シェーンブルン宮殿などの日本語ツアー、その他ウィーンのプライベートガイドの紹介と手配についての説明。
[ウィーンのリムジン手配]
ウィーン空港と市内の宿との移動や市内などの移動に使う運転手付きの車手配。日本語で対応してくれます。
[ウィーンのリンク集]
単なるリンク集ですが、ウィーン関連だけで一千件以上という圧倒的な量。リンクが体系的にまとめられている。
[ショッピング]
有名な免税ブティックWALTZ店。日本人店員が対応してくれるので、免税手続きが安心。金賞受賞のモーツアルトチョコレートやスミレの花の砂糖漬けなど良品の品揃えも充実。値段も抑えめで助かる
[郁の会]
ウィーン国立音大の出身ピアニストです。昔、一緒にバドミントンをしてました。
[WERTHEIMSTEIN TRIO WIEN]
ウィーンで結成されたトリオ。昔、一緒にバドミントンをしてました。

2019/06/25、リンクフリー、雑草にも花が咲くウィーンのアキレス合い言葉「erdberg」